必殺仕事人各話紹介
■更新事項(2007.10.06) 次回予告を追加。
第27話 死を賭けて虎の尾が踏めるのか?
ある夜、秀は高利貸しの男を仕留めた帰り道で、辻斬りに遭遇した。
その辻斬りは、秀の知り合いである作造を殺害後、秀にも襲いかかる。秀はなんとかその場を逃走した。

井沢様は、秀の高利貸し殺しと辻斬りによる作造殺しを混同し、この2件を殺し屋による仕業と断定。主水を除く部下の同心に徹底捜査を命令する。

一方、目安箱の整理を指示された主水は、秀が作造を殺した下手人だという似顔絵入りの投書を発見し、逆に 秀に辻斬りのうちの一人の似顔絵を作らせることにした。
主水は秀が作った似顔絵を井沢に提出し、その似顔絵は手配書としてすぐさま市中に貼り出された。

辻斬りのリーダー格の正体は、日置藩の若殿杉江茂宗だった。
将軍が日置藩をないがしろにしたこと、父である藩主杉江出羽守に見限られ次期藩主になれないこと、これらに怒りを覚えた茂宗は、勝手放題に振る舞う手段として辻斬りを選んでいた。
それを諌めようとした家老中岡の言葉にも、茂宗は耳を貸そうとしない。

秀が作った似顔絵、メンバーの一人関根の手配書が貼り出されているのを知った茂宗は、奉行所内に秀の内通者がいると判断する。それでもまだ茂宗は、辻斬りを続行すると言う。

作造の娘お光は、作造の仇を見つけて自らの手で恨みを晴らそうと決断、長屋を出ていってしまう。
どうして無理して討とうとするのか、力の差を知りながら…。

さて、辻斬りに繰り出した茂宗と坂口・水谷・関根の一行。
そこで、似顔絵のことで臆病になった関根が、茂宗に斬り殺される。
現場には、関根の死体と茂宗が落としていった印籠が残され、その印籠は主水に発見される。
主水は、印籠の持ち主を身分の高い者と推し、徐々に辻斬りの犯人像に迫りはじめる。

その後、お光は関根を知ってると言う二人の侍に騙されて、体を奪われてしまう。
その二人の侍というのは、実は坂口と水谷だった。
坂口と水谷を尾行して日置藩江戸屋敷にたどりついたお光は、その後長屋に戻り秀に恨みを託した。

秀は日置藩江戸屋敷に張り込み、お光の評判を語り合う坂口と水谷を発見、自分が見た辻斬りのメンバーだと確信する。
秀は、辻斬り一味が日置藩の侍たちだと知り仲間を召集する。
しかしアジトで秀を待っていたのは、お光が作造の位牌の前で自害したという、左門からのうれしくないお知らせだった。

【主水の一言】
「罪もねえ人間を見境いなくたたっ斬る野郎は許せねえ」

【次回予告】
瞳に揺れる囁きかけに、確かな手応え。燃えさかる炎に血は騒ぎ、時が過ぎて朽ちゆくとも、忘れたくない一瞬をさまよう魂。『必殺仕事人』御期待下さい。
【キャスト】
中村主水/藤田まこと 畷左門/伊吹吾郎 秀/三田村邦彦 涼/小林かおり 美鈴/水本恵子 与力伊沢/唐沢民賢 杉江茂宗/本郷直樹 お光/朝加真由美 用人坂口/大竹修造 家老中岡/永野達雄 水谷/国一太郎 関根/柳原久仁夫 杉江出羽守/北村光生 春駒/三笠敬子 作造/堀北幸夫 同心/筑波健、宮川珠季 高利貸/鈴木政喜 やり手婆さん/三星東美 せん/菅井きん りつ/白木万理

本放送日:79.11.23  脚本:石森史郎  監督:松野宏軌 

必殺シリーズ同人サークル"江戸のクロねこ"トップページ
必殺仕事人サブタイトルリスト
必殺仕事人各話紹介トップページ
←必殺仕事人第26話「半吉は女の愛で立ち直れるか?
→必殺仕事人第28話「尼寺に鬼女は棲むのか?

『必殺シリーズ同人サークル"江戸のクロねこ"ほーむぺーじ @クロねこ』はリンクフリーです。
当サイト内のどのページにリンクしていただいても構いません。左のバナーを御利用頂けると幸いです。
また相互リンクのお誘いや御意見・御感想などは投稿フォームまでお願いします。